デスケーラーっていったい何?

  • 熱回収は優秀なリサイクル法

    • 世の中の様々なものは商品や製品としての目的を果たしたあと、リサイクルされます。しかし中にはリサイクルは難しいものやそもそも無理であるもの、例えば木屑や紙くず、プラスチック屑、ゴム屑、医療廃棄物などです。
      それらは経済性および安全性を考えると燃やしてしまうのが一番良い方法と言われますが、それらをただ燃やすだけではなく、焼却の際に発生するエネルギーを回収したりそれを利用したりすることを、熱回収、サーマルリサイクルと言うのです。例えばプラスチックを例に挙げると、純石油製品なので石油や石炭と同じ発熱量をもっています。

      熱回収が気になる方はこちらへご来訪下さい。

      そのためにプラスチックを熱回収することで大量の熱エネルギーを手に入れることができ、間接的に火力発電所で燃焼される原油の削減につながります。



      それまではプラスチックの1つであるPVCが猛毒のダイオキシンを発生させる原因とされていたので、燃やすのではなくて埋め立てられることが主流でした。しかしプラスチックは地中で分解されることはないので埋立地が限りなく必要となります。



      ですが熱回収することによってエネルギーを手に入れられる上にダイオキシンを発生させず埋立地も必要なく、更に石油から出る二酸化炭素を減らすことが出来るので地球環境を考えた上でよいリサイクル方だといわれています。
      ペットボトルやそのキャップなどを分別回収することでケミカルリサイクルは可能になりますが、その運搬のために使われる大量の石油はリサイクルで生じる石油の量よりも多いということで、熱回収へと移行しています。

top