デスケーラーっていったい何?

  • デスケーラーっていったい何?

    • 普段耳慣れないデスケーラーですが、これは熱交換器、クーリングタワー、配管などを使うお仕事の人は聞いたことがある言葉でしょう。
      ではこのデスケーラーですが、一体どのような事に使用するのでしょうか。

      デスケーラーの最新情報を見つけよう。

      デスケーラーの主な使用用途は、主にカルシウム、マグネシウム系の水垢スケールやカルキを落とす事です。
      強酸の洗浄液ではありますが、素手で触る事が出来るほど安全性の高い物を作っているメーカーもあります。



      このような高い安全性で、米国・英国海軍・海上自衛隊・海上保安庁という厳しい審査基準がある機関にも採用されています。

      ヒトに優しいものという事は、すなわち環境にも優しい事を意味します。安全性も高く、環境にも優しいこの洗浄液はこれからも多くの機関で採用され、使用も拡大していくことでしょう。

      従来の金属の化学洗浄では、機器内部におけるステンレス表面の不動態皮膜を剥離してしまうため、金属表面のトリートメント剤として処理液を使用して皮膜を再形成する必要がありました。


      ですがデスケーラーは金属腐食が少ないので、洗浄後に処理液での二度目の洗浄が不要ですので大幅なコストの削減が出来るという点も大きな特徴です。


      ヒトと環境に優しく、コストも従来の金属の化学洗浄方法よりも掛からないデスケーラー。



      今後も船についた貝殻の除去、射出成型機の冷却水系の洗浄、コンクリートミキサー車のコンクリート除去、トンネル内の排気ガス汚れの除去など様々な分野で使用されるでしょう。

top