デスケーラーっていったい何?

  • 熱回収とは?その仕組みは?

    • 世界中において長い歴史の中でさまざまな産業技術が発達し続けてきた事は、人々の暮らしを豊かにして生活の利便性を高めてきた功績があります。

      熱回収に対して関心度が高まっています。

      その反面、地球の中にあるさまざまな資源を枯渇させてしまったり、開発や発展が最優先されてきた結果、地球環境に対する配慮が足りずに環境汚染問題などを引き起こしてきた現状もあるのです。



      環境汚染や地球温暖化によって自然環境は大きく変化しており、人々の生活を脅かす状況も生み出しています。
      それらの反省を元に、限りある資源を有効に活用することやできる限り無駄をなくして生み出されたさまざまなものを再利用していく事が重要視されるようになってきているのです。熱回収(サーマルリサイクル)もその考えの下に行われているリサイクル方法で有り、廃棄物を単に焼却処理するのでは無く、焼却の際に必ず発生する熱エネルギーを回収して再利用する事を指します。



      この熱回収には容器包装リサイクル法で認められた油化・ガス化の他にも焼却熱利用や廃棄物発電、セメントキルン原燃料化や廃棄物固形燃料などがあります。日本においては循環型社会形成水深基準法における廃棄物・リサイクル対策の優先順位としては、熱回収は4番目の優先順位とされており、経済財政諮問会議の「循環型経済社会に関する専門調査会」においても「サーマルリサイクルも有効なエネルギー回収手段としてマテリアルリサイクルと並んで位置づける」と提言されています。

      近年省エネ技術としてめざましい発展を遂げているヒートポンプ利用は、冷却加熱能力を実現するだけでは無く、ヒートポンプによる熱回収技術にも高い期待が集まっています。


top